手取り10万女子が1000万円貯めるまで

おうちで稼ぐ、貯める、楽しむ

半年分の未納の国民年金を支払った

2020年1月〜2020年6月まで、私は国民年金を払っていませんでした。

f:id:ouchiparty:20210323234134j:plain

国民年金

「どうせ支払っても、将来、年金がもらえないだろう」という理由でしたが、2020年3月以降は、給料が減り、国民年金を支払うことすら困難になってしまいました。

  

そんな時に催告状のハガキや、赤・青・黄色の封筒が届く。ポストを開ける度に、見慣れた封筒があると「また来たか…」とため息をついてしまいました。

自分がいけないのは分かっているのに後ろめたさから、封筒は中身を見ずにそのまま保管ボックスに入れる日々でした。

 

 

いつかは封を開けなくてはいけない。

いつかは支払いをしなくてはいけない。

 

そんな思いが強くなり、本日、未納分の98,850円を支払ってきました。

 

正直、私の所得では半額ほど免除されると思います。でも、免除を受けず、支払いをしたのは手続きが面倒だったからです。以前、申請のために窓口に行ったら、待ち時間が長くて心が折れました。

 

タイミングが悪かったかもしれませんが、手続きするぐらいなら、お金が貯まったら払ってしまおうと心に誓いました。

 

あとは、自分なりに国民年金について調べる中で、国民年金は、将来もらえる年金(老齢基礎年金)だけでなく、他にも給付があることを知りました。

 

  • 老齢基礎年金
  • 障害基礎年金
  • 遺族基礎年金

 

障害基礎年金・・・怪我や病気が原因で障害認定を受けた場合に給付される

遺族基礎年金・・・生計維持関係にある被保険者が死亡したときに遺族に給付される

 

年金は、満65歳から支給となるけど、障害基礎年金や遺族基礎年金の給付は年齢関係ないみたいだね!

 

老後の生活の足しとしか思っていなかった国民年金。万が一のために積み立てておく価値があると気づき、今回、未納分を全額支払ったわけです。

 

支払い後、もう未納の封筒が来ないと思ったら、清々しい気分になりました。